スノーピークローチェア30を【徹底レビュー】もう迷わない!アウトドアチェアはこれで決まり!

キャンプやアウトドアで使う椅子選びって本当に迷いますよね。

この記事を読んでいるあなたも、数あるアウトドアチェアの中から、選びきれずに困っているんじゃないですか?

私もキャンプが大好きですがその中でも、椅子選びには本当に時間がかかりました。

キャンプの印象を決めるのはチェアの座り心地と言っても過言ではありません。

そして、迷いにまよった挙げ句に行き着いたのが、

スノーピーク ローチェア30でした。

少々お値段の張るこのチェア。

しかし一度座ったらその良さを存分に味わうことのできる素晴らしいチェアなんです。

皆さんもこの記事を読んだ後は、きっと『スノーピーク ローチェア30』が欲しくなると思いますよ。

ローチェア30のレビューをこの僕、たいちがお届けしていきますね。

スノーピーク ローチェア30の特徴と外観

それではスノーピークローチェア30の特徴と魅力についてご紹介していきます。

魅力を挙げれば切りがないのですが、特に気に入っているポイント6選についてご紹介していきたいと思います!

  1. 背もたれの角度が絶妙
  2. 深く腰掛ければ、首まで支えてくれる背面の高さ
  3. 座ったり立ったりしやすい座面の高さ
  4. 肘掛けの部分の手触りがいい
  5. 何よりデザインが秀逸
  6. コンパクトに収納可能

①背もたれの角度が絶妙

スノーピークのローチェア30の写真

背もたれの角度って実は非常に重要なんです。

なぜか?それは『背もたれの角度=椅子からの立ち上がりやすさ』に関係しているからなんです。

では、なぜ立ち上がりやすさが重要なのか?

それは『キャンプの最中は想像以上に立ったり・座ったりを繰り返す回数』が多いからなんです。

ちょっとクーラーボックスに飲みものを取りに行ったり、、、

子供の遊びにつきあったり、、

ドカッとチェアに腰掛けてゆっくりできれば良いのですが、そうもいきません。(泣)

だからこそ、『立ち上がりやすい背もたれの角度』が非常に重要!

その点でスノーピークローチェア30は絶妙な背もたれの角度で、

『座りやすくかつ立ちやすい背もたれの角度』を実現してくれています。

②深く腰掛ければ、首まで支えてくれる背面の高さ

スノーピークのローチェア30の写真

首まで十分に支えてくれる背もたれの高さ

チェアの背面の高さは、首まで支えてくれる高さであることが非常に重要です。

首に支えがあることで、疲労感が違いますし、深く腰掛けることでリラックスしたスタイルをとることもできます。

またキャンプに行ったなら、せっかくならチェアに座って夜空を見上げて、ワインを飲みながら、星を眺める…なんて素敵すぎますよね。

そんなとき、チェアの背面がしっかりと首を支えてくれることで、座ったまま空を見上げることもできます。スノーピークローチェア30ならそれが可能です!

③立ったり座ったりしやすい座面の高さ

スノーピークローチェア30の座面の高さを示した写真

座面の高さが30cm、これがちょうどいい

キャンプの最中は立ったり・座ったりする回数が多いので、『座りやすく・立ちやすい』ことは重要です。

立ちやすさを決める一つの要因に、座面の高さがあります。

スノーピークローチェア30はその名の通り、座ったときのお尻の地面からの高さが30cmになるように調整されています。

この高さが絶妙で、深く腰をかけることができつつも、スッと立ち上がりやすい高さなんですよね。

子連れでキャンプをする方は、お子さんの相手で正直ゆっくりチェアに座っていられる時間なんて限られていると思います。

だからこそ、立ったり・座ったりしやすいスノーピークローチェア30がとってもおすすめできます。

④肘掛けの部分の手触りがいい

スノーピークローチェア30の肘掛部分の写真

スノーピークローチェア30は座った状態でもしっかりとリラックスできる工夫がたくさん織り込まれています。

とくに、肘掛け部分の手触りと形状がとても良いんです。

木製なので冬場でも肘を掛けたときに冷たすぎず、木のぬくもりが感じれられます。

また絶妙に丸みをおびたデザインになっているので、落ち着いた雰囲気を感じられますよね。

デザイン面も機能面も両立させるなんて、さすがスノピ……といった印象でした。

⑤何よりデザインが秀逸

やっぱり最後はデザインが気に入るかどうかが重要なポイントですよね。

この点については、文句なしに素晴らしいデザインだと感じています。

細部まで丁寧に縫製されており、使用しはじめて3年ほど経ちますが、糸がほつれることもまったくありません。

スノーピークローチェア30の足回りの写真

また足回りの構造もしっかりとした造りに。故障等は今までで一度もありません。

お値段は他メーカーのチェアよりも若干お高めに設定されていますが、その分この価格で一生もののチェアが手に入ると思えば安いものです。

⑥コンパクトに収納可能

キャンプやアウトドアをされている方なら、『コンパクトに収納できる』ことは外せないポイントですよね!

スノーピークローチェア30なら、そこもしっかりと考えられて作られています。

まずは下記の画像をご覧ください。

スノーピークローチェア30の収納時の写真

スノーピークローチェア30の折り畳み時の写真

いかがでしょうか?ぎゅっとコンパクトに畳めるようになっており、かつ円柱形に収納されるので車のトランクにも積載しやすいです。

収納時の寸法は、一番太い部分で約160mmで、写真の横幅が約1000mmです。

細い円柱の形になるので、車のトランクにも積載しやすく、かさばりません。

キャンパーの大きな悩みである【トランクに荷物が入り切らない問題】もこのチェアならクリアできます!

スノーピーク ローチェア30のカバー張り替え、洗濯は可能?修理サービスあり

スノーピークは有料になりますが、修理サービスが充実しています。

それもすべて『スノーピーク製品を長く愛用してもらいたい』というスノーピーク社の考えからです。

もちろんスノーピークローチェア30のカバー張り替えは可能です。

スノーピークに張り替えを依頼する形になりますね。

ちなみに個人でカバーを取り外しての洗濯は不可なので、ご注意ください。

そもそもチェアからカバーが取り外せる構造になっていないんですよね、、、。)

私もスノーピークのテントの布が一部破れて修理に出したことがあるのですが、丁寧に縫製されて返却されました。

『自社製品を長く愛用してほしい』という、スノーピークの気持ちが伝わってくる様な修理サービスでしたよ。

スノーピーク ローチェア30をおすすめできる人とおすすめできない人

それでは次にスノーピークローチェアをおすすめできる人と、そうでない人をご紹介していきます。

おすすめできる方
  • 少し値段が高くても、本当に気に入ったものを長く愛用したい方(結果的にコスパが良いです)
  • 子連れキャンプでも、ちゃんとチェアに座っているときはリラックスして過ごしたい方
  • 首の裏の部分までしっかり背もたれがあってリラックスしたい方
おすすめできない方
  • キャンプスタイルがロースタイルではない方
  • スノーピークローチェア30がほしい、、、けど高くて手が出ない方
  • チェアやキャンプギアにはあまりお金をかけたくない方

スノーピーク ローチェア30を中古で手に入れる方法

そんな方にはメルカリ等のサイトで検索してみるのもひとつの方法です。

ただ私も確認したのですが、そもそもスノーピーク製品は非常に人気なのでほとんどが値下がりしていない状態で出品されています。

また正規ルートでの購入ではないので、偽造品の可能性もあります。そのためスノーピーク公式サイト、もしくは直営店からの購入をおすすめします。

お値段以上の価値は十分にあるチェアなので、きっと満足してもらえると思いますよ!

スノーピーク ローチェア30レビューまとめ

以上スノーピークローチェア30のレビューでした。

この記事を読んでいるあなたはきっとスノーピークローチェア30には興味はあるものの、

値段も少し高いし、他社の類似製品でもいいかな…?

とお考えなのではないでしょうか。

私も、購入するまでに、類似した様々なチェアに座ってみて試してみましたが、やはり断然1位はスノーピークでした。

チェアって少しの角度や、高さの違いで、全然座り心地が変わってくるんですよね。

スノーピークローチェア30はきっと一生モノののチェアになってくれますので、ぜひ試してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です