【クライミングギア レビュー】ぼくが初めて購入したギア7選と選び方のご紹介【初心者向け】

この7月から登山学校でクライミングの勉強を始めました。

それに伴い、クライミングギアをひと通り(共同装備は除く)そろえることになったので、今回はそれを解説します。

  • 登山学校のベテラン登山者に選び方を聞いた
  • 実際に購入したギアを使ってみたレビューあり

今後クライミングを始める方にとっては、

  • どんなギアを最初に揃えればいいのか
  • 費用はいくらなのか
  • 実際にギアを使ってみてどうなのか

このへんがわかる記事となっています。

すでにこのクライミングギア、買って失敗したな…というのもあるので、その失敗談も紹介していますね。

りょうた

初めて購入したクライミングギア一覧【アルパインクライミングに必要なものとは?】

クライミングギア一覧の写真

以下、最初に購入した装備です。

  • クライミングシューズ
  • ヘルメット
  • ハーネス
  • グローブ(手袋)
  • ルベルソ5
  • カラビナ(環付き×3、普通のカラビナ×2)
  • スリング(長尺3本、短尺2本)

※共同装備となるロープは購入していません。

それぞれ順番に選び方や使用した印象などを簡単にご紹介していきますね。

りょうた

クライミングシューズ:アディダス ファイブテン ASYM(アシム) きつすぎないものを選ぶこと

アディダスファイブテンASYMクライミングシューズの写真

ベルクロタイプで着脱が容易。ファイブテンのエントリーモデルです。

created by Rinker
Five Ten(ファイブテン)
¥11,440 (2020/09/22 08:49:58時点 Amazon調べ-詳細)

クライミングには欠かせない装備品、クライミングシューズ。

アルパインクライミングではきつすぎないものを選ぶことが大切です。

アルパインクライミングと屋内のクライミング(ボルタリング)は勝手が違う…!

理由は大きく2つあります。

  • アルパインクライミングでは登る時間が長いこともある
  • アルパインクライミングでは長時間シューズ履いていることもある

あまりギチギチのシューズだと足が痛いです。めちゃくちゃに痛い

ぼくは少し大きめのシューズを買ったのにもかかわらず登ったあと、確実に足が痛くなります。登り終えたらすぐにクライミングシューズを脱ぎ捨ててますね。

りょうた

ファイブテン公式サイトに「初心者には大きめがおすすめ」といった文言も。

初めてのクライミングシューズでしたら、ワンサイズ上をお選び下さい。
例えば実寸が25.5cmでしたらUS8(26.0cm)がおすすめサイズの目安となります(ソックス着用、痛みのないサイズの目安)。足幅やボリュームも考慮してサイズをお選び下さい。引用:アディダス/ファイブテン公式HP

個人的見解としては、

  • つま先が少しだけ曲がるものを選ぶ
  • とにかくたくさんのクライミングシューズを試し履きする

このようなイメージでいいかと思います。

メーカーごとにサイズの表記が違っているので、いろいろ履いてみないとわからないです。

りょうた

サイズが大きすぎても、つま先に力が入らないし、小さすぎても痛すぎるので、いい塩梅のシューズを選んでくださいね。

とはいえ、多少の痛みは我慢すべきなのかもしれません…

クライミングシューズでよく見るメーカー
created by Rinker
Five Ten(ファイブテン)
¥11,440 (2020/09/22 08:49:58時点 Amazon調べ-詳細)

ヘルメット:ブラックダイヤモンド ベクター 軽さか丈夫さか

ブラックダイヤモンドベクターのヘルメット

created by Rinker
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)
¥9,240 (2020/09/22 08:49:59時点 Amazon調べ-詳細)

一般登山でも危険箇所では装着を義務付けているヘルメット。

クライミングでは主に上からの落下物を防ぐ目的でつけています。

意外と他のクライマーからの落とし物ってあるんです。本当に危険なのでヘルメットは必須装備。

実際にぼくも登るときに上から蚊取り線香のケース(硬いやつ)が落ちてきて肝を冷やしました…。

りょうた

石井スポーツの店員さんにヘルメットの選び方を聞くと、

  • 丈夫さ
  • 重量
  • 装着感
  • 好み

で選ぶと良いよとのこと。

高額なヘルメットは軽さと丈夫さを兼ね備えています。

一方で比較的安価なものは、1回の強い衝撃に耐えられるものなんだそうです。

ぼくの場合は特にこだわらず、装着感でしっくりきたものを選びました。

あと安いものですね。いつもこの下に帽子をかぶってクライミングしています。

ブラックダイヤモンドベクターのヘルメット後頭部

通気性があり、蒸れを防いでくれるブラックダイヤモンドのベクター。お手頃価格。

created by Rinker
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)
¥9,240 (2020/09/22 08:49:59時点 Amazon調べ-詳細)

ハーネス:マムート Ophir Speedfit(オフィールスピードフィット) レッグループがしっかりしているもの

ハーネスはロープをつけるための装備。安全性の規格をクリアしたものが店頭で販売されています。

選ぶときは、レッグループがしっかりしているもの、ギアループが複数あるものを選ぶのがおすすめです。

マムートオフィールスピードフィット

ハーネスを履くとお尻の下あたりにくる部分がレッグループ

created by Rinker
マムート(MAMMUT)
¥11,000 (2020/09/22 08:50:00時点 Amazon調べ-詳細)
ぼくは簡易的なハーネス?を選んでしまい、一度買い直しました…

りょうた

モンベルのゼロポイントL.W.シットハーネス

間違えて?買ったやつ。レッグループがちょっと心もとない

アルパインクライミングでも使えるっぽいのですが、レッグループが心もとない感じはする。

しかもギアループが2つしかない

マムートオフィールスピードフィットのギアループ

後述するスリングなどのクライミングギアを引っ掛けるループです。こちらは合計4つある

ギアループにギアを引っ掛けている写真

実践でのギアループの使い方。ループが少ないとひっかける場所が少なくて不便です

間違えて買ったハーネスは沢登りでも使えそうなので、沢用ハーネスとなりました。

りょうた

created by Rinker
マムート(MAMMUT)
¥11,000 (2020/09/22 08:50:00時点 Amazon調べ-詳細)

グローブ(手袋):ワークマン 牛革手袋 着脱がしやすいもの

ワークマンの牛革手袋

グローブは登るときではなく、ビレイするときや懸垂下降するときに必要です。

※ビレイ→クライマーのサポート役
※懸垂下降→崖上から自力で降りる方法

ロープがするする動いているときに素手で触るのは、摩擦で火傷するため大変危険。

実際、懸垂下降後に摩擦がかかるところに触れるとアツアツです。

りょうた

グローブは着脱する機会が多いため、着けたり、外したりしやすいものを選ぶといいですよ。

ぼくはとても安いワークマンの牛革手袋(700円くらい)を購入しましたが、少し不満点が…

少し分厚いので細かい作業がしにくいんです…!

利き手とは逆の手でカラビナを操作したり、環を緩めたりしないといけないため、生地が分厚いと操作しにくい。

ワークマンのグローブでカラビナを操作している様子

崖際でセルフビレイを外すとき、片手で環付きのカラビナを外すのですが、めっちゃ操作しにくかったです。

りょうた

一方でクライミング専用のグローブもあり、以下の特徴があります。

  • 薄手なのに丈夫
  • ハーネスのギアループに引っ掛けられる

少々お高いですが、専用のグローブは使い勝手がよさそうです。

ぼくはもう少しワークマンの手袋を使ってみようと思います。慣れてくるかもしれないので…!

りょうた

確保器:ルベルソ5 細いロープに対応した最新のもの

ぺツルのルベルソ5

created by Rinker
ペツル(PETZL)
¥4,300 (2020/09/22 08:50:01時点 Amazon調べ-詳細)

クライミングの必携装備に確保器、というのがあります。

これはビレイヤーがクライマーを確保したり、自分を確保したりするのに必要な装備です。

簡単にいうとクライマーや自分が落ちないためにブレーキをかけてくれる超重要アイテム。ロープを通して使うんです。

りょうた

近年、ロープは軽量化のため年々細くなっています。

最新の確保器は細いロープに対応できるように、穴が細くなっているのが特徴です。

ぺツルのルベルソ5

製品名でいうと、ぺツルのルベルソ5。

こんなに小さいのに、4,000円….。高いけど必須装備なので仕方ないかぁ。

りょうた

created by Rinker
ペツル(PETZL)
¥4,300 (2020/09/22 08:50:01時点 Amazon調べ-詳細)

カラビナ(環付き×3、普通のカラビナ×1)環付きカラビナは大きいものがおすすめ

カラビナ各種

四角で囲ったものが環付きカラビナ

カラビナは大きく2種類。(細かく分けるとたくさんあるみたい)

  • 環がついているもの
  • ついていないもの

があります。

なぜ環がついているのか。

環がついていないものは、力のかかり方によってはロープがカラビナから外れてしまうことがあるため。

もし登っているときにカラビナからロープが外れてしまったら、大事故です。

ロープが絶対に外れないため、カラビナに環がついているというワケなんですね。

りょうた

環付きカラビナの写真

環付きカラビナの写真

環を閉めることでカラビナがロックされる

ぼくが実際に使ってみて、感じたカラビナの選び方は2つ。

  • 環付きカラビナは大きいものを選ぶ
  • 色が揃っているほうがかっこいい

初心者には環付きカラビナは大きいものが絶対におすすめ。

小さいカラビナと大きいカラビナの比較写真

クライミングの先輩から小さい環付きカラビナは使わないよ、と言われました

りょうた

というのは、

  • 利き手とは逆の手、しかも片手で環を外す局面がある
  • ロープを結ぶときに小さいものだと扱いづらい

からです。

小さければ小さいほど、細かい作業がやりにくいんです…

りょうた

なので、環付きカラビナは大きいものを選ぶといいでしょう。

あと後になって気づいたのですが、色が揃っている方が圧倒的にかっこいいです。

カラビナを使用しないときは、ハーネスのギアループにひっかけておくのですが、色味に統一感があった方がかっこいいです。

先輩は赤のカラビナで統一していました…!これがめちゃかっこいい…

ちなみに最初は環付きカラビナ3個、普通のカラビナ2個買って十分こと足りました。たくさん必要になるカラビナですので、徐々に買い足すことになります!

りょうた

スリング(長尺3本、短尺2本):細いものと太いものがあるとよし

スリングの写真

created by Rinker
マムート(MAMMUT)
¥1,242 (2020/09/22 08:50:02時点 Amazon調べ-詳細)

あると便利な丈夫な輪っか、スリングです。

ゲレンデ(岩場)に支点をつくるときにカラビナと一緒に使用したり、自分をセルフビレイ(自分の安全を確保)したり、チェストハーネスになったり…使い方はいろいろです。

長いもの、短いもの。太いもの、細いものがあります。
※長いスリングを長尺スリング、短いものを短尺スリングという。基本は60cmと120cmでOK。

スリングの太さの違い

細いものは軽い、よって高い

長さに応じて使い分けるのがほとんどで、細くなればなるほど軽く、高価に。

長尺スリングは太いものと細いもの両方持っておくのがベスト。

りょうた

というのは、スリングがチェストハーネスの代わりになるとき、細すぎると体に食い込んで痛いからです。

接地面が広いほど力が分散しますよね。

なので、ある程度太めの長尺スリングを持っておくといいのです。

最初は長尺スリング3本、短尺スリング2本を購入しました、細いものは太いものに比べて倍近く値段が違っていることもあるので、値段見て買ってください…!

りょうた

created by Rinker
マムート(MAMMUT)
¥1,242 (2020/09/22 08:50:02時点 Amazon調べ-詳細)

クライミングギアを揃えるためにかかった費用は約5万円

いつものクライミング装備の写真

クライミングのときの装備です。

クライミングギア 金額
クライミングシューズ 10,780円
ヘルメット 9,240円
ハーネス 8,380円
グローブ 680円
ルベルソ5 4,000円
カラビナ(環付き×3、普通のカラビナ×2) 5,400円
スリング(長尺3本、短尺2本) 8,910円
合計 47,390円
もっと安く購入しようと思ったらできるのかもしれませんが…ぼくは5万円くらいでした。

りょうた

初めて購入したクライミングギアレビューまとめ

今回はぼくが初めて購入したクライミングギアをまとめて、少しレビューも入れてみました。

クライミングギアって最初何を買えばいいか、さっぱりわかりませんよね。

りょうた

実際ぼくもそうでした。

何買えばいいんだ!って悩みますけど、使ってみないと正解はわかりません。

この記事が少しでもクライミングギア選びの参考になればうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です