【困惑】Fozzilsソロカップボウルが正直あまり使えていない!【2つの理由を解説】

Fozzilsのアイキャッチ画像

Fossilsのソロカップボウルがほしい!使ってみた印象ってどんな?

この記事では、Fossilsのソロカップボウルについてご紹介。

正直この折りたたみ食器、ぼくはあんまり使えてないんですよね

りょうた

この記事の内容
  • Fozzils】ソロカップボウルが実はあまり使えていない理由
  • Fozzils】ソロカップボウルってどんなものか【スペック・特徴】
  • Fozzils】ソロカップボウルをおすすめできる人・できない人

特に参考にしてほしいのは、「使えていない理由」と「おすすめできない人」。Fozzilsのソロカップボウルの購入を検討している方は、購入前にぜひ読んでください!

りょうた

Fozzils】ソロカップボウルとは?使い勝手のいい折りたたみ食器

魚のマークが特徴的なFozzils(フォッジルズ)というブランドが作っているのが、ソロカップボウルセット。

簡単に言うと、コンパクトになる折りたたみ食器です。

折りたたみというよりは、組み立て式??

りょうた

四隅にスナップ(ボタンみたいなの)がついていて、くっつけるとあら不思議。簡易的な食器になるんです。

Fozzilsのソロカップボウルを撮影した写真

四隅のボタンを止めるだけ!割れない食器の完成。

Fozzils(フォッジルズ)というブランドは、そのほかキッチン周りのユニークなアイテムを取り扱っているみたい。モンベルの公式HPにもネット販売で取り扱いがありましたよ。

りょうた

Fozzils】なぜぼくはソロカップボウルがあまり使えていないのか?【理由2つ】

とても便利で使いやすい食器ですよね。

ですが、現状いまのぼくにはうまく使いこなせていません

せっかく買ったのにあまり使う機会がないのは宝の持ち腐れだ

りょうた

Fozzils(フォッシルズ)のスナップフォールドを使えていない理由は大きく2つ。

  • シェラカップでこと足りちゃってる
  • 山ごはんは事前準備をしておくことが多い

くわしく解説をしていきます。

①シェラカップでこと足りちゃってる

Fozzils(フォッシルズ)のソロカップボウルを使うまでもなく、シェラカップでこと足りてしまっているんです。

モンベルのシェラカップの写真

山にいくときは必ず持っていくモンベルのシェラカップ。数々の山旅を共にしており、絶大な信頼を寄せる。

もとはといえば、持ち運びに便利!コンパクトで軽い!と惹かれて購入したのですが

りょうた

そもそもぼくは山で作る料理の品数が少ないし、ひとりでごはんを食べるので、折りたたみ食器の出番はほぼなし

実際には山ごはんを作っても、

  • クッカーからそのまま食べるパターン
  • シェラカップによそって食べるパターン

この2パターンです。

シェラカップは必ず山に持っていくモノなので、Fozzils(フォッシルズ)のソロカップボウル購入不要だったかも。

りょうた

②山ごはんは事前準備をしておくことが多い

Fozzils(フォッシルズ)のソロカップボウルはまな板としても使えます。

だけど山ごはんを作るときは、出来合いのものを食べたり、自宅で下準備(野菜を切るなど)をしたりすることが多い。

事前に食材の準備が整っているので、まな板を使う局面がないんですよね!!!

りょうた

  • シェラカップが不動のスタメン
  • 事前準備の用意周到すぎて、まな板不要

この2つの理由から、Fozzils(フォッシルズ)のソロカップボウルはベンチ入り(使えていない状態)が続いています。

Fozzils】ソロカップボウルの特徴・概要

とはいえ、使い勝手はいいので少しだけ紹介させてください。

魅力的だからこそぼくも手に取ったわけですし、使っている方もたくさんいます。

ぼくが購入時に特に惹かれた特徴は下記の3つ。

  • 耐熱性・耐冷性あり(−25度~105度まで)
  • 軽くて薄い。収納には困らない
  • お皿にもまな板にもなる(2way

簡単に解説していきますね。

①耐熱性・耐冷性あり(−25度~105度まで)

Fozzilsのソロカップボウル。じつはかなり丈夫。

熱さは105度まで、寒さは-25度まで問題なく使えるんです。

沸騰したお湯の温度が100度くらいなので、熱々のコーヒーも飲めます。

さらに厳冬期雪山でも使えるぐらいに寒さに強い!

場所・季節を問わずにアウトドアでの活躍が期待できそう!と思って購入しました。

りょうた

②軽くて薄い。収納にはまず困らない

言わずもがなですが、軽くて薄いです。

重さはこんな感じ。

①小さいカップ(約33g

②中くらいのボウル(約38g

③大きめのお皿(約39.5g

Fozzilsのソロカップの重さを測った写真

カップの重さは33g。軽い、圧倒的に軽い。

Fozzilsのソロボウルの重さを測った写真

ボウルは38g。

Fozzilsのソロディッシュの重さを測った写真

一番大きなお皿でもたったの40g。

実際に測ってみると約110g!公式発表の重さよりも20gほど軽いことが判明…!

ULハイカーにも安心しておすすめできそうな器の重量ですね。

りょうた

大きさについては下の写真を参考にしてください。

Fozzilsのソロボウルの幅を計測した写真

一番大きなお皿で幅約15cm四方です。

Fozzilsのソロボウルの広げたときの長さを計測した写真

お皿を広げた状態だと、幅20cm四方です。

③お皿にもまな板にもなる(2way

ソロカップボウルは、お皿にもまな板にもなる2Way仕様

山ではできるだけ、荷物を増やしたくないこともあり、機能をいくつも兼ねたものが便利です。

しかも、メモリの表記もあります。正確にお水を測りたいときにも使えます!

りょうた

Fozzilsのソロカップを撮影した写真

小さいカップが250ml。mlとオンス表記がありますね。

Fozzilsのソロボウルを撮影した写真

ボウルはカップの2倍量。500mlです。

しっかりとしたまな板を持っていく方は少ないと思いますので、お皿がまな板にも使えるのは頼もしいですよね。

Fozzilsのソロボウルの一点だけスナップを止めた写真

まな板使用のときは、一点留めなんてこともできる。食材が落ちにくいです。

Fozzils】ソロカップボウルをおすすめできる人・できない人

おすすめできる人
  • 複数人でのアウトドアが多い人
  • 収納便利なコンパクト食器がほしい人
  • 山で1から料理することが多い人(まな板を使う)
  • UL(ウルトラライト)ハイカー

とても軽くて場所を取らずに収納できるため、上記のような方には本当におすすめできます!!

りょうた

おすすめできない人
  • ソロが基本で山ごはんをあまり作らない人
  • シェラカップを持っているソロ登山者
  • 山ごはんは自宅である程度準備するという人

ソロ登山者やソロキャンパーはシェラカップがあれば十分かも?

購入前には本当に必要かどうかを検討してみてくださいね!

本当に便利は便利なのでおすすめではあります。ぼくは現状使えていないだけで

りょうた

まとめ:【Fozzils】ソロカップボウルは必要かどうかを考えて購入を!

この記事ではFozzilsのソロカップボウルがうまく使えていない理由を中心にご紹介しました。

商品単体で見ると、とても魅力的な製品だと思いますが、ソロ登山が多いぼくにはあまり使う場面がなさそう。

とはいえ、「複数人でアウトドアを楽しむ方」や「ULハイカー」にはぜひ一度手に取ってほしい商品です。

気になっている方はぜひ実際の商品をチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です