▼ギアをお得に購入する方法はこちらをクリック▼

【サーマレストのネオエアウーバーライト(スモール)レビュー】前代未聞の軽量&コンパクトなエアマット

サーマレストのネオエアウーバーライトのスモールサイズが気になっている

耐久性、使用感は実際のところどうなの

こんな疑問にお答えします。

夏用にエアマットを新調しました。

これまでのエアマットって重たいし、嵩張るし。

というのがあって、クローズドセルのマットをずっと使用していました。

モンベルのクローズドセルマット

安定のモンベル。自分はザックの背面パッドとして使用しています。この大きさも気にならなかった。

ただ、寝心地に満足していたわけではなく、もっとぐっすり寝られるギアが欲しいと思っていたんです。

そんな中発見したのが、サーマレストのネオエアウーバーライト(スモール)。

軽い!異常なほどコンパクト!

りょうた

これは試してみるしかない。何度かテント泊で使ってみたので、今回ご紹介します。

この記事でわかること

 

  • ネオエアウーバーライトの特徴、外観
  • 実地で使用してみた感想とお気に入りポイント
  • 使用したからこそわかるちょっと微妙なところ
  • ネオエアウーバーライトをおすすめできる人・できない人
5分ほどで読み終わります。購入前の参考になれば幸いです!

りょうた

ネオエアウーバーライト(スモール)の特徴・外観

まずは驚きの収納サイズ。

ネオエアウーバーライト スモールとナルゲンボトルの大きさ比較

他のエアマットにはない軽さとコンパクトさ。

小さすぎでは?

りょうた

付属品として本体、スタッフサック、ポンプサック、リペアキットが付属してきました。

ネオエアウーバーライト スモールの付属品

本体とポンプサック、リペアキット

ちなみにポンプサックを使うより、呼気で入れた方が早いです。

ポンプサックは不要。収納かさばるので自宅に置いてます。

ネオエアウーバーライト スモールを膨らませた写真

広げてみると長さ、幅はそれぞれ119cm、51cm

ネオエアウーバーライト スモールを横から見たときの写真

厚みは6.4cm。クローズドセルマットを使用していた僕からすると、十分すぎる厚みだと言える。

ネオエアウーバーライト スモールの重さ計測

重さは実測で175g。(スタッフサック込み)すごい軽いです。

この軽さでR値は2.3。3シーズンに対応した十分な機能性です。

R値とは

断熱性を表す数値。高ければ高いほど冷気をシャットアウトできる。R値2〜4が3シーズン。R値4〜6がオールシーズン。R値6以上がより寒い環境下での使用に対応しています。

このエアマットに特有なのがバルブ。

ネオエアウーバーライト スモールのウイングロックバルブ

WingLock™バルブという従来のサーマレストのマットに使われていたものとは異なるバルブが使われています。

従来製と比較して3倍早く膨らみ、2倍早く収縮できます。

面白いのが、空気を入れる際に入れた空気が逆流しないギミック。

膨らましている最中に空気が出てくる心配がありません。

ネオエアウーバーライト スモールのウイングロックバルブ

キャップを捻って空気を入れる。空気が逆流しない

▼バルブの使い方と解説動画(英語です)

ネオエアウーバーライトのラインナップは以下のスペック表を参照ください。

▼各サイズのスペック表

スモール レギュラー レギュラーワイド ラージ
カラー オリオン オリオン オリオン オリオン
サイズ(cm) 51×119 51×183 64×183 63×196
重量 170g 250g 310g 340g
材質 15Dナイロン 15Dナイロン 15Dナイロン 15Dナイロン
厚さ 6.4cm 6.4cm 6.4cm 6.4cm
収納サイズ(長さ×直径) 15×8 15×9 19×10 19×10
R値 2.3 2.3 2.3 2.3
原産国 USA USA USA USA

引用:株式会社モチヅキ

ネオエアウーバーライト(スモール)実地レビュー

唐松岳〜白馬三山縦走で使いました。時期は8月半ば。

テント場は唐松山荘(1日目)と白馬村営小屋(2日目)のテント場です。

そのときの気温は以下の予報どおり。手元の温度計でもほぼ同様の気温(10℃前後)でした。

夜は土砂降りだったので、もう少し冷えてたかもしれません。

りょうた

レビュー当日の天候

使用した寝具と衣類はこんな感じ。

レビュー当日の寝具の写真

※リンクは商品詳細ページに遷移します

クローズドセルマットを使用していたときよりも、よく眠れました。

りょうた

以前は横向きに眠ると、腰のあたりが冷えてきて目が覚めることがあったのですが、このマットだと厚みがありその点は問題なし。

半身用なので、足元が寒くなりがちですが、ザックとスタッフサックを足元へ。その上に足を乗せて寝ました。

ネックになりそうな片付け、収納もそこまで時間がかからず。

ものの2、3分で収納可能です。

空気抜けがよく、思ったよりも早く収納ができるのがよかった。

りょうた

ネオエアウーバーライト(スモール)のお気に入りポイント

使ってみて気に入ったところ

  • 軽さ、コンパクトさ
  • 必要十分な厚み
  • バルブのギミック

軽さ、コンパクトさ

ネオエアウーバーライト スモールとナルゲンボトルの大きさ比較

言わずもがなではありますが、軽くてコンパクトなのはうれしいです。

もともとエアマットはザックの収納を圧迫する、かさばるものだと認識していたので。

これほど小さくなれば、かさばる問題も解消します。ようやくエアマット購入に踏み切れました。

必要十分な厚み

ネオエアウーバーライト スモールを横から見たときの写真

厚みは6.4cm。クローズドセルマットを使用していた僕からすると、十分すぎるほどの厚みです。

他に類のないTriangular CoreMatrix(トライアングラーコアマトリックス)という三角形を2つ積み重ねたような内部構造になっており、冷気をシャットアウト。頼もしいです。

どの程度の外気温まで耐えうるのか、冬に向けて検証してみたいところです。

りょうた

バルブのギミック

ネオエアウーバーライト スモールのウイングロックバルブ

ネオエアウーバーライトを語る上で外せないのがこのバルブのギミック。

  • 早く膨らむ
  • 早く空気が抜ける
  • 空気の逆流を防ぐ

空気を入れている途中で逆流してくることがないので、うれしい。

そして空気が抜けるのが早いので、撤収に時間がかからない点も評価できます。

ネオエアウーバーライト(スモール)のちょっと気になるところ

ちょっとだけ気になるところ

  • 幅が狭い
  • よく滑る

幅が狭い

幅51cmです。結構狭い。

自分は細身なのですが、それでももう少し幅があれば…と思ったほどです。

りょうた

ですので窮屈に感じる方もいらっしゃると思います。

一長一短ですが、寝心地を優先したい方はネオエアウーバーライトの『レギュラーワイド』がおすすめ。

厚みや材質、R値は同じですが、幅64cm、長さ183cmと横幅、縦長です。

重さは310gとスモールサイズ(170g)より重いことを許容すれば、寝心地はだいぶ違うはず。

でもフルレングスで310gって軽すぎる。これなら許容できる方も多いのではないでしょうか。

りょうた

▼レギュラーワイドはこちらから

よく滑る

表面がツルツルなので、結構滑ります。

下にアストロフォイルという遮熱材を引いていますが、マット位置がズレることがしばしば。

別途マットを引いている方は、マットに滑り止めを取り付けるなどで解決できそうです。

ネオエアウーバーライトライト(スモール)の耐久性、パンクは?

ここはもう少し使ってみないとまだわかりません。

りょうた

材質が15D(デニール)のナイロン。決して繊維が太くて頑丈だとは言えないです。

※デニールは繊維の太さ

モンベルのステラリッジのフロアの2分の1の繊維の太さ(薄さ)です。つまり強度が低い。

海外のサーマレストのレビューをみてみると、空気もれのコメントはちらほら散見されました。

リペアキットまで事前に付属させているほどです。

耐久性は高いものではないことを念頭において選択すべきギアですね。

もし空気漏れしてしまったら、リペアキットを用いて自身で修理するか、輸入販売元の株式会社モチヅキで修理(1500円〜2000円程度)で修理をしてもらえます。

そうはいっても他に類を見ない軽さ、コンパクトさのエアマット。強度を差し置いてでも軽さを優先したいときってあるものです。

りょうた

ネオエアウーバーライト(スモール)をおすすめできる人・できない人

ネオエアウーバーライトについておすすめできそうな方、できない方について考えてみました。

おすすめできる方
  • 軽いエアマットを使ってみたい
  • 寝心地も優先しつつ装備の軽量化をはかりたい
おすすめできない方
  • 耐久性を重要視したい
  • 寝心地が何よりも大切
結局はどこまでいっても快適と軽量のバランス。快適でないことをどこまで許容するかなのです。

りょうた

まとめ:軽くてコンパクトなエアマットなら、これ一択かも?

今までに類をみないコンパクトかつ軽量なエアマット、ネオエアウーバーライトのスモールサイズ。

耐久性やどれぐらいの外気温まで耐えうるのかは、今後詳細に検証する必要がありますが…

軽いエアマット、かさばらないエアマットを求めていた方には希望の光になるはず!

りょうた

他のレビューを見たい方は、下記商品ページからチェックしてみてくださいね。

 

関連記事

【500g以下】超軽量な寝袋・シュラフのおすすめ品6選

【2021年】登山歴4年目、夏山テント泊装備のおすすめ品をご紹介

登山歴4年目になる僕が2020年に買ってよかった登山ギア7選を紹介

【NANGA】オーロラライト600DXレビュー 品質にこだわる国産シュラフを徹底解説

 

アウトドアギアを少しでもお得に購入できないものか…とお悩みのあなたへ

お得に購入できるアウトドア通販サイトを知りたくありませんか?

以下の記事では山ギア好きの僕が最近使い込んでいる通販サイトをご紹介しています!

僕がAmazonではなく、サンデーマウンテンでギアを購入してるワケ。

3分ほどでサクッと読めますので、合わせてチェックしてくださいね。『安く』『お得に』ギアを手に入れましょう!

3 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。